幼稚園の看護師バイトがヒットアイテムに



内科クリニックで看護師として働いています

私は、子育てと仕事を両立させる為に、内科クリニックでパートとして働いているんですよ。

給料の事を考えると、常勤で働く事も考えたんですよね。

でも、常勤で働くとなると夜勤は避けられません。

最近では、24時間制の院内保育園が設置されている病院もあるので、
そのような職場を探そうかとも思ったんですよ。

でも、私が住んでいるのは、都心ではないので、そのような病院が近くにないんですよね。

通勤に時間がかかるのもイヤだったので、近くにある内科クリニックを選んだんです。(*^0^*)

子育てや介護など、プライベートを充実させたい多くの看護師は、非常勤で働いていますよね。

パートやバイトだったら、短時間の勤務も可能だし、残業を避ける事もできます。

それに、クリニックは、病院に比べると仕事内容が楽な事もあって、精神的な負担も少ないんです。

でも、クリニックというのは、少ない人数で回しているところが多いので、スタッフに余裕がない職場の場合は、
休みが取りにくくて残業も多く、逆に働きにくい環境なんですよね。

だから、事前にしっかりチェックする事をお勧めします。(--_--)

私が働いている内科クリニックは、パート看護師は残業をする事がほとんどなくて、
子供の都合に合わせて働く事ができるんですよ。

内科クリニックは、時期によっては患者さんが溢れてしまうので、休憩を取る時間がなくなってしまう時もあるんです。

でも、病院のように仕事がキツい事がないので、それほど苦ではありませんね。

パートで働いていると、ボーナスなどがないので、常勤に比べると収入は低いんですが、
無理して常勤で働く事を考えると、パートのほうが全然メリットがあります。

クリニックは家庭的な雰囲気があるので、患者さんとコミュニケーションを取りながら、楽しく仕事ができますよ。

2015年4月22日|

ツアーナースは高給?

ツアーナースは他の泊まりの仕事に比べて高給ですね。

夜勤専従など泊まりの仕事もありますが、仮眠と休憩以外は一晩中仕事をしています。

仮眠や休憩がしっかりと取れる職場なら良いのですが、夜勤専従を募集している病院の多くがスタッフ不足で激務です。


ツアーナースも泊まりの仕事なので夜勤の様に感じますが、何かトラブルがない限りは自分の好きな事が出来るので拘束されている感じは全くありません。

一応夜間も仕事時間内になるので、長時間の労働に感じますが、実は仕事時間は短いのがツアーナースです。

給料は一応24時間拘束されているからなのか、高給ですね。

私は2泊3日で6万円+交通費を頂きましたよ。

高校野球のイベントナースは日中のみの仕事と言う事もあり、日給(7時間勤務)8~9千円ほどでした。

ツアーナースは、旅行が好きな方には特にお勧めですが、お小遣い稼ぎにも丁度いいのが魅力的です。

月に1回でもツアーナースをすれば数万円は収入アップしますから、副業でツアーナースをしている方も多いですし、月に何回か無理のない範囲で働きたいと言う方もいましたね。

2015年4月22日|

夜勤専従パートはママさんナースには難しいかな?

看護師の仕事は夜勤があるので、子育てをしている看護師にとっては大変です。

皆さん、子育てと仕事を両立させる為に、いろいろな工夫をしていますよね。

看護師のような不規則な仕事をしていると、家庭がおろそかになってしまうケースも多く、出産を期に退職する方はとても沢山います。
出産を経験している看護師というのは、ほとんどの方は、看護師としての経験が豊富で、知識があります。
多くの職場で看護師不足に悩んでいますが、経験のある看護師が出産した事で退職してしまい、育児に専念する為に、
なかなか職場に復帰できないというのは、病院側にとっては大きな痛手ですよね。

そのような背景もあり、最近では育児環境が整っている職場がかなり増えています。
夜勤を避ける看護師が多い中で、あえて夜勤専従として働いているママさんナースやシングルマザーが多い事はご存知でしょうか?
今までは、子育てをしている看護師には、夜勤の勤務は難しいと思われていましたが、24時間制の院内保育園が設置されるなど、子供を安心して預ける事ができる環境が整ってきている為、時給が高い夜勤の仕事は、効率良く働く事ができるので、人気があるんです。

夜勤専従の看護師は、子供が寝ている夜中に働く事ができるんです。
休憩や仮眠がしっかり取れる職場であれば、日中は子供と一緒に過ごす事ができますから、日勤をしている時よりも、子供と過ごす時間が増えますね。
夜勤専従は、給料が高い事が一番のメリットですから、シングルマザーにとってはお得な仕事です。
職場環境が整っていて働きやすい職場さえ選べば、ママさんナースにとって、夜勤専従パートは決して難しくありません。
難しいどころか、とてもお得な働き方だと思います。

2015年3月19日|

看護師の院内保育園の口コミ

現在看護師歴16年目の30代後半、女性です。
大学病院附属の看護科を卒業後、同大学に就職しました。就職後3年目に結婚、翌年長女を出産しましたが、まだまだ仕事で覚えることが多いなか、同期にいおいていかれたくない気持ちが強く、育児休暇を半年取得後復帰いたしました。
長女が6カ月?2歳になるまで院内の保育園に預け、仕事を続けました。
子供が1歳になるまでは、夜勤免除があったため、主に外来の日勤勤務でした。朝、保育園の開園時間を待って一番で子供を預けて出勤し、お昼の休憩時間には子供の様子を見に行きました。私は母乳があまり出なく、ミルクで育てていたので、途中授乳に行くことはありませんでしたが、完全母乳の同僚ナースは午前一回、午後一回の授乳に行っていたようです。やはり、院内保育園とあって、同じ敷地内に子供を預ける事のメリットは感じていました。授乳や休憩時間の事以外にも、子供が体調不良の際の連絡もスムーズでしたし、何より自分の近くに子供がいる安心感は大きたったと思います。
大変だった点は、自分の休憩時間が減ってしまうこと、また、感染防止のために同じ敷地内でも着替えてから保育園に行かなければならなかったので、時間にある程度自由が利くdrと比べるとナースの利用者は大変そうに思えました。
また、通常の保育園よりも規模が小さく、とてもアットホームな環境で良かったのですが、子供がある程度大きくなってくると、夜勤免除がなくなり、生活のスタイルがかわったこと、また、沢山の同年代の子供と過ごせる時間があった方が良いのかな、など子供の社会性の観点からも3歳からは市の認可保育園に転園することとしました。
しかし、その2歳までの環境があったからこそ私も仕事を続けることができましたし、今があるように思います。
今では以前よりも様々な面で整備された院内保育園も増えてきたと聞きます。子供を育てながら、安心して仕事を続けられる環境が、もっともっと充実していくことを心より願います。

2015年3月19日|

看護師の訪問入浴って大変?給料はどう?

私は看護師として病院で働いていたのですが、病院という組織が嫌になり転職を希望しました。転職先を色々と考えましたが、その当時流行っていた訪問入浴の職場を選びました。訪問入浴では看護師の人手が足りず、そもそも入浴なので男性の力もかなり必要とされてました。面接を受けた際には「良い腕っ節してるわね」と施設長からもお墨付きを貰いました。面接の後1週間後に就職となったのですが、就職初日から1日6件のルートに入りました。市内の利用者6件なのでさほど移動距離もなく、移動の際にはごく少ない記録物のみでそのほかはスタッフ同士で話したりとかなり余裕がある業務でした。ただ、何がきついかと言うとやはり入浴そのものの動作でした。高齢者の利用者も多く、その中でも脳梗塞などで麻痺が残っている利用者がいるのでトランスファーをうまく行わないとかなり腰に負担がかかります。また、利用者の家の浴槽がバリアフリーではないことも多く、段差をどうにかして越えなければいけないのでそれがかなりの重労働でした。入浴自体はシャワーを利用して行うので苦ではないのですが、「浴槽に入りたい」との希望が多く、シャワー浴はあまり利用されませんでした。1年ほど訪問入浴を行っていましたが、辞めた理由はやはり腰痛がひどくなり身体的な負担で辞めてしまいました。聞くところによるとやはり腰痛を理由にしてやめる看護師さんが多いようです。また、家族との関係性を保つ必要もあり、そういうやり取りが苦手な自分にとってはつらい職場でした。ただ、訪問入浴の良いところは給料面にあると思います。給料自体は手取りで30万ほどで、夜勤もなければほぼ17時に終わるので業務量もさほど気になりません。

2015年3月19日|


教室・スクール・クラブ おすすめオーディオ NKI PageLink カウンセラー