看護師の院内保育園の口コミ

看護師の院内保育園の口コミ

現在看護師歴16年目の30代後半、女性です。
大学病院附属の看護科を卒業後、同大学に就職しました。就職後3年目に結婚、翌年長女を出産しましたが、まだまだ仕事で覚えることが多いなか、同期にいおいていかれたくない気持ちが強く、育児休暇を半年取得後復帰いたしました。
長女が6カ月?2歳になるまで院内の保育園に預け、仕事を続けました。
子供が1歳になるまでは、夜勤免除があったため、主に外来の日勤勤務でした。朝、保育園の開園時間を待って一番で子供を預けて出勤し、お昼の休憩時間には子供の様子を見に行きました。私は母乳があまり出なく、ミルクで育てていたので、途中授乳に行くことはありませんでしたが、完全母乳の同僚ナースは午前一回、午後一回の授乳に行っていたようです。やはり、院内保育園とあって、同じ敷地内に子供を預ける事のメリットは感じていました。授乳や休憩時間の事以外にも、子供が体調不良の際の連絡もスムーズでしたし、何より自分の近くに子供がいる安心感は大きたったと思います。
大変だった点は、自分の休憩時間が減ってしまうこと、また、感染防止のために同じ敷地内でも着替えてから保育園に行かなければならなかったので、時間にある程度自由が利くdrと比べるとナースの利用者は大変そうに思えました。
また、通常の保育園よりも規模が小さく、とてもアットホームな環境で良かったのですが、子供がある程度大きくなってくると、夜勤免除がなくなり、生活のスタイルがかわったこと、また、沢山の同年代の子供と過ごせる時間があった方が良いのかな、など子供の社会性の観点からも3歳からは市の認可保育園に転園することとしました。
しかし、その2歳までの環境があったからこそ私も仕事を続けることができましたし、今があるように思います。
今では以前よりも様々な面で整備された院内保育園も増えてきたと聞きます。子供を育てながら、安心して仕事を続けられる環境が、もっともっと充実していくことを心より願います。

2015年3月19日|