看護師の訪問入浴って大変?給料はどう?

看護師の訪問入浴って大変?給料はどう?

私は看護師として病院で働いていたのですが、病院という組織が嫌になり転職を希望しました。転職先を色々と考えましたが、その当時流行っていた訪問入浴の職場を選びました。訪問入浴では看護師の人手が足りず、そもそも入浴なので男性の力もかなり必要とされてました。面接を受けた際には「良い腕っ節してるわね」と施設長からもお墨付きを貰いました。面接の後1週間後に就職となったのですが、就職初日から1日6件のルートに入りました。市内の利用者6件なのでさほど移動距離もなく、移動の際にはごく少ない記録物のみでそのほかはスタッフ同士で話したりとかなり余裕がある業務でした。ただ、何がきついかと言うとやはり入浴そのものの動作でした。高齢者の利用者も多く、その中でも脳梗塞などで麻痺が残っている利用者がいるのでトランスファーをうまく行わないとかなり腰に負担がかかります。また、利用者の家の浴槽がバリアフリーではないことも多く、段差をどうにかして越えなければいけないのでそれがかなりの重労働でした。入浴自体はシャワーを利用して行うので苦ではないのですが、「浴槽に入りたい」との希望が多く、シャワー浴はあまり利用されませんでした。1年ほど訪問入浴を行っていましたが、辞めた理由はやはり腰痛がひどくなり身体的な負担で辞めてしまいました。聞くところによるとやはり腰痛を理由にしてやめる看護師さんが多いようです。また、家族との関係性を保つ必要もあり、そういうやり取りが苦手な自分にとってはつらい職場でした。ただ、訪問入浴の良いところは給料面にあると思います。給料自体は手取りで30万ほどで、夜勤もなければほぼ17時に終わるので業務量もさほど気になりません。

2015年3月19日|